ライフスタイルクリエイターズ

【子育てと両立】フリーランスって自宅で仕事できる?子育てパパのとある1日のスケジュール

20160510_img10
ぼくの仕事は、WEBデザイナーです。
会社には雇われずにフリーランスで働いています。

フリーランスで働こう!と強く思ったキッカケは、娘が生まれたことです。
子供が生まれたら絶対にぼくも子育てを一緒にしたい!

パパだって、子供が成長する過程を間近で見ていたいと思い、
自宅を事務所にして、在宅で働いています。

今日はそんなフリーランスパパの1日の子育て&仕事などのスケジュールを書いてみたいと思います。

最初に言っておくと、
ぼくはかなり育児は一緒にしている方だと思います(たぶん)。

小さい子供がいて、もっと一緒にいたいけど、在宅で仕事ってできるもの?
という方の参考にはなるかな?かなりピンポイント(笑)

スポンサードリンク



フリーランスパパ(在宅)の1日のスケジュール

子供は生後11ヶ月で、早寝早起きなので、
フリーランスでもかなり規則正しい生活です。

眠たくても、耳元で「ぱぁーぱぁー」と
囁いてくれるので、すぐ起きます(笑)

AM8時起床:ワンワン・朝ごはん・お着替え

最近は朝8時頃に起きて、リビングへ。
そしてすぐにテレビをつけます。

小さい子供がいるお父さんお母さんは、すぐわかりますよね!

8:00から「おかあさんといっしょ」
8:15から「いないいないばあっ!」

この30分間はお父さんお母さんにとっては
ゴールデンタイムと言われていて、
子供がテレビに面白いぐらい釘付けになるので、
そのあいだに自分たちの準備をします。

奥さんが大人と子供のご飯を準備してくれて、いただきます。
毎食3人でご飯を食べます。

そのあとはご飯を食べ散らかされたあとの掃除。
これが結構大変になってきた(笑)

掃除後は、(たまに僕が)子供の着替えをして、朝のもろもろは終了!

だいたい2時間ぐらいかな。さて、ここから仕事です!

AM10時 仕事開始

コーヒーを淹れて(これ絶対)、
準備ができたら別室で仕事をします。

数カ月前の子供がゴロゴロしているぐらいの頃は、
同じ部屋でも仕事していたことがありますが、今は正直厳しい。

すぐに遊んでほしそうによってきますからね・・・嬉しいけど(笑)

なので、メリハリということで別室で仕事。

朝の仕事はだいたい3時間ぐらい。

PM1時 お昼休憩

お昼ごはんは、ぼくの仕事が終わったら、
どちらかが子供を見て、
どちらかが昼食を作るという感じです。

子供のご飯ももちろんあるので、
離乳食は奥さんに作ってもらいます。

朝と同じように、ご飯後の片付けまで・・・ごちそうさまです。

ちょっと休憩して、子供と遊び時間。
これが楽しいっ!!(笑)

2時間ぐらい。

PM3時 仕事再開!また別室で

ここからまた別室で仕事をします。

案件によりけりですが、
たまに1人でカフェに行って仕事をすることもあります。

昼過ぎは自宅だとだら〜んとしてしまうこともあるので。
自分の意志の弱さに打ち勝つ方法を常に考えています(笑)

3時間ほど、仕事。

PM6時 子供夕飯・お風呂・寝かしつけ・大人夕飯

もう夕方6時ぐらいになると、
子供がおなか空いたよ!眠たいよ!と
最高潮にグズグズになることが多いです。

ここからぼくはお風呂掃除担当。
奥さんは夕飯の支度をしてくれます。

先に子供の夕飯をあげてから、
一緒にお風呂に入って、あがったら寝かしつけ。

夜の寝かしつけは、ぼくがやることも多いです。
すぐに寝てくれるので、あまり何もしなくてOKなんですが(笑)

寝てくれたら8時ぐらいから、大人の夕飯。

夕飯後に少し休憩して・・・

PM9時 テレビを消して仕事再開

忙しい時はここから仕事。
余裕のあるときは、もうそのままぐ~たらします。

AM0時 就寝

だいたい12時ぐらいまで仕事をして、ぼくも早めに寝るようにしています。
寝室に入った時に子供が起きてしまうことがあるので、
できるだけ奥さんと一緒のタイミングで寝るようにしています。

なかなか仕事が追いつかず夜更かししてしまうことが多いですが;

スポンサードリンク



まとめ

だいたいこのようなスケジュールで仕事をしています。
週に2,3日は数時間近場に散歩やお出かけすることがあります。

仕事時間は6~9時間ぐらいですね。

こう見てみると、残業なしの会社員と同じぐらいの仕事時間かな。

ぼくも会社員時代は朝7時に家を出て、
夜11時ぐらいに帰宅するような生活をしていました。

やはり、もっと自分の自由な時間が欲しかったのもあるし、
子供と一緒にいる時間が好きなだけ欲しかったので、このような働き方にしています。

今、子供は生後11ヶ月ですが、
本当に毎日どんどん成長していきますし、そばにいられて良かったなと日々思います。

以上

トップへ戻る