ホームページ制作のライフスタイルクリエイターズ|神田翼|フリーランスWebデザイナー

神田 翼 (管理人)のプロフィールはこちら

最終更新日をWordPressの投稿記事に追加する方法

こんにちは、フリーランスパパの神田翼(@tsubasa_lsc)です。


今回の記事は、WordPressの投稿記事に最終更新日を追加する方法の説明です。標準の機能として、最終更新日を表示させることができるテーマは多くないです。ただ、記事をリライトして最終更新日を表示させることで「記事の情報をアップデートしていますよ」と読者の方に知らせることができます。

インターネットの情報というのは、非常に早いスピードで変化していきます。数年前に書いた情報が古くなり、間違った情報となることも多くあります。そのため、リライトして新しい情報に変更していくと読者にとって親切ですし、「最終更新日」を記載しておくとさらに親切な記事になると思います。

スポンサーリンク

最終更新日をsingle.phpに追加するコード


上記のコードを追加すれば、最終更新日が表示されます。シンプルな表示のみです。公開日の隣に追加すると分かりやすいと思います。僕のページではこのように表示させました。

アイコンはこちらの記事で紹介しているFont Awesomeを使用しています。

知っておくと便利な一緒に使える豆知識

最終更新日を追加する時に、一緒に使えるコード等々も書いておきます。自分が覚えておくためのメモですね(笑)

公開日のコード

記事の公開日を表示するためのコードです。

年月日の表示に変更したバージョン

記事の公開を年月日で表示するためのコードです。


最後に

最近、ブログ運営の勉強をしていて、リライトってものすごく重要なんだなと実感しています。そのためにも最終更新日の表示は必要ですね。PHPファイルを編集しなければいけませんが、簡単に追加できるので挑戦してみてください。

スポンサーリンク

デザイナー/フリーランスパパ@神田翼
神田翼

フリーランスのWebデザイナーの神田 翼です。2児の父親です。父親でもガッツリ子育てがしたいという思いから、フリーランスとして働くことにしました。このブログではフリーランス・子育て・WordPress・ブログ運営のことを書いています。(プロフィール)

最新の記事一覧

月別表示

トップへ戻る