ライフスタイルクリエイターズ

神田 翼 (管理人)のプロフィールはこちら

【100記事達成】それでもブログで稼げない!…なぜ結果が出ないのかを分析してみた

こんにちは、フリーランスパパの神田翼(@tsubasa_lsc)です。


ついにひとつの目標としていたブログの投稿記事数が100本になりました。記事数100本というのは、ブログで収益を上げたいと思っている人や、ブログで検索流入でアクセスを集めいたいと思っている人たちにとっては、最初の共通の目標と言っても良いと思います。

ブログでアクセスを集める方法や、収益アップの方法を検索してみても、結論はほとんどすべて同じでした。

ブロガー界隈でよくある質問【質問】 ブログで稼げないんですけど・・・
【回答】 つべこべ言わず記事を書きましょう
記事を書かないと始まらないし、なにも起こるわけがないということです。トップブロガーの方々が「初心者ブロガーはまず記事を100本書いてから出直してきてね」と、よく書いています。・・・前置きが長くなりましたが、その記事数100本についに到達しました。

スポンサーリンク

100本記事を書いて、結果 (収益やアクセス) は出たのか?

100本書けたことは、ひとつの目標をクリアできたので喜びたいですし、ブログを始めたばかりの方に「やっぱり100記事書くとアクセスがめっちゃ伸びました」と報告したいところですが、僕の場合は現状では結果は伴っていません。

ただ、これは想定の範囲内の結果でした。自分で100本に記事が到達しても、まだ変わらないだろうなという予測は途中からついていました。そこには明確な理由がいくつかあり、「当たり前にこれぐらいはやろう」と言われていることができていなかったからでした。

そこで今回は僕のブログのここまでの反省と振り返りを行い、ブログを始めたばかりの方たちに役立つ記事を書きたいと思います。では、はじめます。

反省点1:記事の更新頻度が低すぎた

僕のブログの1番の反省点は、記事の更新頻度でした。なんと、100記事到達までに「4年間」もかかっています。ブログの教科書的なサイトには、毎日1記事は書きましょうと言われていることが多いので、早い人なら3ヶ月で100記事に到達します。

4年間も時間を費やしたのにはワケがある(はず)

サボってただけでしょ?と言われてしまえば、「はいそうです」で終わりなのですが、おそらく多くの人が抱えている悩みを、僕も経験しているのではないかと思います。そこで僕が4年の間に悩んだポイントを中心に反省点を書いていきます。

【学び】ブログの更新頻度はできることなら1日1記事書く


ブログの更新頻度について詳しく書いた記事はこちら


反省点2:ブログの方向性がブレブレになってしまった

4年間も時間を費やしたのは、単にサボっていただけではなく、ブログの方向性が変わったり、そもそも何を書けば良いのか自分でも分からなくなったからです。ブログの記事を書けなくなったからということです。

4年間もあれば、僕自身が成長したり、環境が変わったりします。実際に4年前は妻と2人で世界一周をしていました。その後、子供が2人生まれて今では2児の父親です。旅人から、フリーランスになり、パパになりました。これだけ環境が変われば、考えていることも変わるし、発信したいことも変わるのは当たり前です。

常になにかを発信したいという気持ちはあったので、ちょこちょこブログの更新はしていました。

世界一周中の気持ちを綴った記事
出発からたった60日でも、世界一周にきて良かったと思う理由
フリーランスになりたての頃の記事
僕がフリーランスのWEBデザイナーを志したきっかけ
子供ができてからの記事
子供が生まれるまでに夫婦でしておくべきこと

その時の気持ちをちゃんと残しておきたいという気持ちがあったので、書いておいたことは1ミリも後悔がありません。ただ、このように方向性がブレブレになってしまったことで、ブログ自体の評価が上がりづらいというデメリットは少なからずあります。

評価とは、「Googleの検索結果に対して」の評価です。

例えば、「夫婦 世界一周」というカテゴリーのブログで言うと、僕のようにバラバラの記事を書いている中に世界一周の記事がいくつかあるブログよりも、世界一周のことだけを書いている旅人のブログの方が評価は上がりやすいです。さらに、夫婦で世界一周をしていて、世界一周のことだけを記事にしている人の方が評価が上がりやすいです。

このようにブログ自体を、なにかの専門書のように特化させることで評価・順位が上がりやすいので、方向性は最初に定めて置くほうが良いのかなと思いました。とはいえ、やはり自分自身の考え方や環境は変わります。だから、メインとなるブログの方向性は決めておくというのが良いと思います。

今の僕のブログで言うと、【WordPress+ブログ運営】というのがメインコンテンツ。これだけはこれからもブレずに書いていきます。たまには子供の話や自分の好きなことも書いていこうと思います。

【学び】ブログのメインの方向性を決めきること


反省点3:誰かの役に立つ記事ではなく、自分のための記事を書いていたこと

ブログを始めた頃は、とにかく自分自身の考え方や意見を発信したいお年頃でした。今でこそ少し自分の中の軸ができたと思いますが、特に仕事に対しては、非常に悩んで毎日壁にぶつかっていました。そのため、自分が感じたことなどをブログに「日記のように」書いていたのですが、これは誰かの役に立つ記事ではなく、自分のためだけの記事でした。

自分のためだけの日記のような記事は、Googleの検索にヒットすることがありません。Googleで検索するシチュエーションを思い浮かべてみて下さい。なにか悩みごとを解決したい時が多くないですか?他の人が検索するときはほとんどの場合が悩みや、知らないことを解決したい時です。日記を書いていた当初は、それで満足していたのですが、外部からの検索注入を増加させたいと思うようになってからは、日記ではなく「誰かの役に立つ記事」を中心に書くようになりました。ここはブログ初心者の方は間違いやすいポイントだと思います。

【学び】日記ではなく、誰かの役に立つ記事を書くこと


日記ブログがなぜダメなのか?を記事したので詳しくはこちらで


反省点4:ブログデザインのカスタマイズに没頭したこと

ブログのデザインが気になりすぎて、ブログを書くことを疎かにしてしまう・・・というのは本当によくあることです。僕の場合、本職がWEBデザインであり、このWordPressのテーマを自作しています。それもあり、毎日ブログを見ていると、「もっと見やすくしたい」「もっと読みやすくしたい」という思いがブログを書くことではなく、 ブログデザインのカスタマイズという方に振り切ってしまいました。

あとから、このカスタマイズの時間が無駄ではない!と正当化するために、カスタマイズの方法をブログ記事にしました。本業のWordPress構築の際に使えるテクニックがたくさんあったので、かなりレベルアップできたとは思うのですが、結果(収益・アクセスUP)が出なかったことが事実だったと思います。

初心者ブロガーが陥りやすい最初のハードル1.費用を抑えたいがために無料のテーマを使う
2.理想のデザインに少しでも近づけるために自力でカスタマイズする
3.カスタマイズに時間をかけすぎて記事を書く時間がとれていない
4.カスタマイズも難しすぎて自分の理想通りにならずに断念する
5.ブログの記事も書いていないので当然のように収益も発生しない

カスタマイズできず、ブログの記事も書けず…途方に暮れる
自分のことを書きました。これからもカスタマイズは好きなので行うとは思いますが。頻度を減らすようにします。

これを解決するために、完成度の高い有料のテーマを、最初から購入することをおすすめします。

【学び】ブログカスタマイズはほどほどに!まず記事を書く!


おすすめの完成度の高い有料のWordPressテーマについて書いた記事はこちら


まとめ

反省点1:記事の更新頻度が低すぎた
【学び】ブログの更新頻度はできることなら1日1記事書く

反省点2:ブログの方向性がブレブレになってしまった
【学び】ブログのメインの方向性を決めきること

反省点3:誰かの役に立つ記事ではなく、自分のための記事を書いていたこと
【学び】日記ではなく、誰かの役に立つ記事を書くこと

反省点4:ブログデザインのカスタマイズに没頭したこと
【学び】ブログカスタマイズはほどほどに!まず記事を書く!

以上、4つが僕が100記事を達成して改めて感じたことでした。「つべこべ言わず記事を書きましょう」と言われていることが正しいですが、その上で僕が上記にあげた4つの学びを活かしてもらえればと思います。

スポンサーリンク

デザイナー/フリーランスパパ@神田翼
神田翼

フリーランスのWebデザイナーの神田 翼です。2児の父親です。父親でもガッツリ子育てがしたいという思いから、フリーランスとして働くことにしました。このブログではフリーランス・子育て・WordPress・ブログ運営のことを書いています。(プロフィール)

最新の記事一覧

月別表示

トップへ戻る