ライフスタイルクリエイターズ

父親目線:育児や家事は”手伝う”という感覚ではなく、一緒にやるもの。

20160320_img01
よし、仕事しよう!と思って、
BGMなんか良いのないかなーと、Youtube動画を開いたら、広告が流れてきた。

約3分間の広告を最後まで見てしまった。
隣りにいた奥さんにも、全部見てもらった。

ふたりで、
すげぇ〜〜〜と一言。

まず広告の動画を!



働く女性をハッピーにするアイデアを募集している #HappyBackToWork

#HappyBackToWork というタグで、
働く女性(ママ)をハッピーにするアイデアを、みんなが考えて投稿し、
たくさんの応援が集まったものに、サポーター企業が実際に取り組むというもの。

この広告の中で、放送作家の鈴木おさむさんのメッセージにジーンときた。
今の自分の心に、とても響くメッセージだった。

「手伝おうかっていうのは、育児ということに対して、奥さんがやることが前提で旦那さんが参加するという…本当はシェアするというか一緒にやるものだと思うんですよね。」

スポンサードリンク



さらに、僕が応援したいと思った「#HappyBackToWork」


・育児家事って”手伝う”ものじゃない。当然”シェアする”ものなんです。
・ママ1人の時間をつくってあげよう
・家事代行を当たり前の世の中に
・子どもがいる社員がいる会社、店舗には託児所を設置!
・なぜ男性は家事育児に主体的になれないの?結婚前に解消します。
・男性も育児休業を取得できるように
・子育てや家事をする男性を「イクメン」や「カジダン」でなく「父親」と呼ぶ


子育てって、楽しいだけじゃない

僕には、9ヶ月の娘がいて、
ほぼ在宅で仕事をしていて、
ほとんど毎日奥さんと娘と3人で一緒にいる。

子どもと会わなかったのは、今日までで1日だけ。←ものすごく後悔している

(生後3日目ぐらいに、溜まっていた仕事を理由に、
病院にお見舞いに行かなかった日)

こんなにもずっと一緒にいるからこそ、よく分かっている方だと思う。

我が子は、本当に目に入れても痛くないぐらい可愛いし、
本当に愛しているし、どれだけ見ていても飽きない。

だけど、子育てって、本当に楽じゃない。

ハイハイするようになり、
つかまり立ちするようになり、
なんでもかんでも口にいれるようになり、
少し目を話したら転んで泣きわめく。

疲れ果てて、寝たと思ったら、
次はご飯の支度をして、洗濯も干して、やっと終わったと思ったら…

また、怪獣が目覚める。
(我が家の怪獣は、特に夕方は凶暴になるw)

1日中、この繰り返し。

育児ノイローゼになる人がたくさんいるのも、納得。

ただ、やっぱり育児がママだけの役目!という時代も、
少しずつ変わってきているんだと思う。

妊娠から出産、そして子育てをしている奥さんをずっとそばで見ていて、
本当にスゴイ!と心から思うし、母親にしかできないこともたくさんあるなとも思う。

スポンサードリンク



だけど、母親も一人の女性。
時には自分一人でお出かけする時間も必要だし、おしゃれもしたい。
友達同士でなんでもない話をする時間も必要。

こんな偉そうなことを言って、
僕もできていないことがたくさんありますが…

いつまでも一人の女性として、美しく魅力的に生きてほしいなと思う。

そのためにも、
僕は、子育てや、家事、仕事、遊び、全部一緒にしていきたい。

最近、周りで子供がたくさん生まれていて、本当に嬉しい限り。
僕は、巻き込んで、子育てを一緒にするパパを増やしていきます(笑)

フリーランスパパ@神田 翼

神田翼

フリーランスのWebデザイナー神田 翼です。2児の父親。パパでも子育てがしたいという思いから、フリーランスに。

カテゴリー

トップへ戻る