ホームページ制作のライフスタイルクリエイターズ|神田翼|フリーランスWebデザイナー

WordPressプラグイン

2018/01/28 2018/05/09

「この記事を書いた人」を表示させる方法 (プラグイン使用)

スポンサーリンク

こんにちは、フリーランスパパの神田翼(@tsubasa_lsc)です。

今日の記事は、WordPressでブログを運営している人向けです。 他のブログを見ていると、記事の下に「この記事を書いた人」という表示を見たことありませんか? あれ、 いいですよね!! 今回は簡易的にプラグインを導入すれば、すぐに表示されるようにします!

「Fancier Author Box」の設定方法

いろいろと検索して、沢山の人が利用している 「Fancier Author Box」というプラグインを利用することにしました。

Fancier Author Boxのインストール&有効化

右上の検索窓に「Fancier Author Box」と入力して検索してください。 1番上に出てきたプラグインです。【今すぐインストール】をクリックし、有効化しましょう。 ※ちなみに青枠のレビューの部分。良質なプラグインを1から自分でお探しの場合は、このレビューを参考にすると良いです。

Fancier Author Boxの設定方法

左サイドバーの「設定」→「Fancier Author Box」をクリックして下さい。 下記画像のように僕は設定しました。色はお好きなものに変更して、【変更を保存】をクリックで完成。 これで一度「記事下」を確認してみて下さい。 「この記事を書いた人」の枠が表示されていると思います。

プロフィールの設定・変更

左サイドバーの「ユーザー」→「あなたのプロフィール」からプロフィールを設定・変更します。

ブログ上の表示名の変更

自己紹介の設定

SNSの設定

設定完了!見た目はこのようになります

この記事を書いた人!このように表示されればOKです。 「最新の記事」というタブをクリックすると、最新記事一覧が表示されます。 以上です!

最後に

最後の最後にアレですが・・・一度僕も試しに導入してみましたが、このプラグインを使用しないことにしました。 「なんやそれ」というツッコミが聞こえてきそうですが、 僕の場合このブログは自分自身でテーマを作成しているので、 僕が作成して指定しているデザインのCSSとバッティングしてしまい、うまく表示されなかったからです。 デザイン崩れをひとつずつ修正するよりも、いちから自分で「プラグインなし」で作成したほうが早い!となりました。 プラグイン無しで自分自身で作成したものも載せておきました。上級者向けなので、簡単にしか説明していませんが、興味ある方はご覧ください!

WordPressのプラグイン関連でおすすめの記事

スポンサーリンク

デザイナー/フリーランスパパ@神田翼
神田翼

フリーランスのWebデザイナーの神田 翼です。2児の父親です。父親でもガッツリ子育てがしたいという思いから、フリーランスとして働くことにしました。このブログではフリーランス・子育て・WordPress・ブログ運営のことを書いています。(プロフィール)

関連記事

最新の記事一覧