ホームページ制作のライフスタイルクリエイターズ|神田翼|フリーランスWebデザイナー

アプリ

2018/01/19 2018/01/24

二度寝に打ち勝つ目覚ましアプリ「おこしてME」が最強すぎた!

スポンサーリンク

こんにちは、フリーランスパパの神田翼(@tsubasa_lsc)です。

早起きするぞ!と、朝5時に起きることを2018年の目標にしました。
今のところ20日ぐらい継続できています。

寝室には「目覚まし時計」はありません。スマホの目覚ましで起きる派です。
iPhoneに搭載されている目覚まし機能で、10分おきに目覚ましを鳴らしまくる派です。

でも、あれってすぐ止めて二度寝しませんか?
気づいたらスヌーズの嵐で、ずっとスマホがなっています(笑)

僕は二度寝に打ち勝つことがなかなかできません。
検索からアクセスしてきたみなさんは、僕と同じ「二度寝族」な気がします。

楽しいイベントがある日は別ですけどね!
30分前に目が覚めます(笑)

しかも、冬!!
あったか〜い布団から出れますか?そう簡単には出れません!!!!!!

今回ご紹介する目覚ましアプリは、
スヌーズなんて必要なし!二度寝なんて絶対しない!すぐに布団から出られる!

二度寝族のみなさん、そんな嘘みたいな話が・・・あるんです。
前置きが長くなりすぎました。ご紹介します。

スマホアプリ、おこしてME(アラーム)はなぜ二度寝しないのか?

まず、今回ご紹介するアプリは【おこしてME(アラーム)】です。
iPhone、Android、どちらもあります。

このアプリ、なぜ二度寝しないのか?
それは目覚まし時計を止める時に、ミッションをあたえられるからです。

ボタンを押しただけじゃ、目覚まし時計は止まりません。

どんなミッションがあるか、見ていきましょう。

1.基本 (なにもしない)
2.ふるふる
3.数学問題
4.写真
5.バーコード/QRコードモード

5つのミッションが設定可能です。

おこしてME(アラーム)には地獄のようなミッションがある

ここからは写真付きで紹介していきます。

まず、アプリをダウンロードして開くとこのような画面です。
複数の時間で目覚ましをセットしていた僕が、1つだけです。これすごくないですか?(笑)


脱!二度寝!地獄のミッション「写真」が最強すぎる

ミッションはこのように選択することができます。この中の「写真」を選択。

このような画面になります。
他のミッションの中でも、これが1番おすすめ!むしろ僕はこのミッションしか使っていません。
目覚ましが鳴ったら、指定した写真と全く同じ写真を撮影しないと止まりません。


僕は寝室とは別の場所に置いてあるパソコンのリンゴマークを設定しています。
そのため、必ず布団から出る必要があります!

一度布団から出てしまえば、もう一度寝ようという気にはなりません。

これだけのことですが、この「写真」機能は最強だと思います。
別室にしておけば、別の部屋まで行かないといけない。

もっと強めに起こして欲しい人は、自宅の表札とかにしといたら、
外までいかないといけないので100%起きられますよ(笑)

おこしてME(アラーム)のその他のミッション


地獄ミッション「ふるふる」

画像を見てもらえれば分かると思いますが、
朝からスマホを思いっきり降らないといけません。気持ち悪くなりそう(笑)

体育会系のミッションですね。


地獄ミッション「数学問題」

こちらは朝から頭を使って、数学問題を解かなければ目覚ましが止まりません。
文系の僕には恐ろしいミッションです(笑)


地獄ミッション「バーコード/QRコードモード」

バーコード、QRコードを撮影するまでアラームが止まりません。
「写真」とほぼ同じですね!

おこしてME(アラーム)のダウンロード

iPhoneの方はこちらからダウンロード

Androidの方はこちらからダウンロード

最後に

1ヶ月、朝5時に起きる生活を継続してみて、ガラッと変わりました。
朝5時に起きると、子どもたちが起きるまで3〜4時間は集中して仕事ができます。

そのため、日中に子どもたちと遊べる時間が増えました。
これからも朝活は継続していこうと思います。

スポンサーリンク

デザイナー/フリーランスパパ@神田翼
神田翼

フリーランスのWebデザイナーの神田 翼です。2児の父親です。父親でもガッツリ子育てがしたいという思いから、フリーランスとして働くことにしました。このブログではフリーランス・子育て・WordPress・ブログ運営のことを書いています。(プロフィール)

関連記事

最新の記事一覧